ふわふわふわりん

つれづれなるままに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父⑤



また、福岡の次女が北九州の母の家に来てくれて、
毎日、長時間病院で父の介護をしてくれています。

入所予定の施設から婦長さんが父を見に来られて
いろいろ姉に質問されて、
持ち帰って検討しますといわれました。

父は、食事を拒否していて、点滴も嫌がります。
体重も減って、骨川筋衣文状態だそうです。

ドクターから、姉に、
このまま急に、心臓が止まる事がありますが、
延命処置をしますか?と聞かれたそうです。

食事は、もう自力で飲み込めないのかもしれません。
姉から電話でそう知らされて、ショックでした。
点滴も嫌がるくらいだから、
管だらけにして、植物人間状態にさせたくないし、
かといって、何もしないでいいともいえないし。

明日、長女が三重から来てくれるそうで、
また、3姉妹で、話し合って決めようと思います。

予定の施設は点滴もないし、
食べられなかったら、こまるし、
でも雰囲気が変わって、元気になるかもしれないし。

点滴をするときも、力は強いので暴れてさせないそう。

様子は、電話やメールで、手に取るように解かるけど、
行って、お世話できないので、苦しいです。

どうするかは、介護師の長女が決めてくれると思います。
施設も、慎重になっているようです。

私としては、施設にいって気分も変わって、
またご飯を食べられるようになってくれるといいなと願っています。

















スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

多機能カレンダー(訂正)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

2人の息子の母です。適応障害で、長く通院して完治しました。 慢性膵炎の治療中。気軽にコメント書いてくださいね。

rinko

Author:rinko
成人した息子2人の母です。
すっと前に、鬱になって悪戦苦闘してました。
今は、治ったのですが、副作用に悩まされてます。
楽しい方、穏やかな方から、元気を頂けると嬉しいです。
2004年、膵炎確定。
慢性膵炎治療中。
副作用に、困惑してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
慢性膵炎関連記事

難病情報センター 慢性膵炎

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。