ふわふわふわりん

つれづれなるままに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植できる膵臓細胞 作製か

という、ニュースが新聞に載っていました。

米大学、インスリン分泌を確認

1型糖尿病 根治に道

安全の確認必要   だそうです。

マイナーな膵臓も研究が進んでるんですね。
うれしいニュースです。

時間がかかるかもしれませんが、
私たちも間に合うかもしれません。

お薬もいいの出てきたし
期待したいですね。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

No title

医学は「日進月歩」の世界だと
よく耳にします。
いつの日か、そうなるといいですね。
どんな時でも、希望だけは持ち続けて行きたいと思います。

No title

IPS細胞も実用化の実験が進みつつありますし
どんどん医学は進化していくのでしょうね。
難病と言われている病気も
数十年、いや10年後ぐらいには
完治できる病気になっているのかもしれません。
希望をもって日々生きていきたいですね。(^^)

soraさんへ。

soraさん、こんにちは~(^^)/

この医師、息子さんが病気にかかったのをきっかけに研究を始めたそうです。
そんなことがないとなかなかやっぱりマイナーな病気なんですね。

私が初めて慢性膵炎を見つけてくれた医師も、
お母様を膵炎で亡くされたばかりだったので、
専門外の膵臓にも気にとめていてくれたのです。
希望を持って生きましょう。

あゆさんへ。

あゆさん、こんにちは~(^^)/

研究者も、何かのきっかけに膵臓に関わるようです。治らない病気は、面白くないといった時代はもう終わるんでしょうね。

うれしくなって、記事にしました。
ちょっとずつ、いいお薬ができるといいですね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

多機能カレンダー(訂正)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

2人の息子の母です。適応障害で、長く通院して完治しました。 慢性膵炎の治療中。気軽にコメント書いてくださいね。

rinko

Author:rinko
成人した息子2人の母です。
すっと前に、鬱になって悪戦苦闘してました。
今は、治ったのですが、副作用に悩まされてます。
楽しい方、穏やかな方から、元気を頂けると嬉しいです。
2004年、膵炎確定。
慢性膵炎治療中。
副作用に、困惑してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
慢性膵炎関連記事

難病情報センター 慢性膵炎

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。